池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

ぎっくり腰とは

次のような症状に覚えはありませんか?

  • 荷物を持ち上げようとしたら腰が痛くなった
  • 腰をねじった途端動けなくなった
  • 姿勢を伸ばすと腰が痛い
  • 立っているだけでつらい
  • 座ることもできない
  • 痛くて歩けない
  • 力むと痛い
  • どんな体勢をしても痛い

 

ぎっくり腰の原因と改善法

 

一般的な原因と改善法

ぎっくり腰の起きる原因となるものとして、一般的に次のようなものが考えられています。

  • 筋・筋膜の炎症、断裂
  • 椎間関節の捻挫
  • 椎間板の損傷
  • 棘上、棘間靭帯損傷
  • 仙腸関節の捻挫

そして一般的にはRICE処置というものをすすめられます。

RICEとは

R・・・Rest (安静)
I・・・Icing (冷却)
C・・・Compression (圧迫)
E・・・Elevation (拳上)

の頭文字を取ったものです。
まず安静にし、RICE処置で応急処置をして、動けるようになるのを待ちます。
激痛があるのは2~3日で、それをすぎると徐々に楽になります。

そして、動ける程度に回復した段階で整形外科へ行かれることが多いと思います。
 整形外科に行くと、レントゲン撮影などをして、腰の骨の状態を調べます。
しかし骨や椎間板を調べても、骨折やヘルニアなどの異常が見つからず、異常なしと診断されることが多くあります。
実際、ぎっくり腰は「原因不明の腰痛」であるとされています。
 痛み止めの注射をされ病院を後にする、なんて経験をされた方もいるのではないでしょうか。
しかし、それではただ痛みをごまかしているにすぎず、本当のぎっくり腰の改善には至っていません。

米川整体院の考える原因と改善法

①体のゆがみ

ゆがみAC当院では、腰の痛みは体のバランスの崩れによって起こされる結果だと考えています。

病院でレントゲンを撮って調べてみても、調べるのは腰だけです。
そのため、体のバランスが崩れ痛みを感じていても、腰には異常がないため原因不明とされてしまいます。

しかし実際には、腰の痛みの原因は体のバランスの崩れにあります。
そして大切なことは、腰だけでなく、体全体のバランスを見ることだと考えます。

当院では、腰の痛みの原因は体のバランスの崩れにあるという考えから、体の歪みを取り除きバランスを整えます。

その結果、腰にかかる負担は和らぎ、痛みは自然に改善します。

 

なお、施術はボキボキならす矯正ではなく、優しく揺らすだけのものです。どうぞ安心してお任せください。

746ebcec6525888d8b60b65aa577ec13_s

 

②筋肉の緊張

ぎっくり腰当院ではぎっくり腰などの突発的な腰痛の原因は、 腰の筋肉が腰骨の凹み(正常な位置)から外れてしまったことにあると考えています。

なぜ正常な位置から外れてしまうかというと、筋肉疲労等によって脳よりの筋肉の収縮、弛緩の命令が遅く伝達されるためと考えられます。

腰を伸ばそうとしたとき筋肉はゆっくり動作に合わせて太くなっていくはずが、屈んだ状態(細く長い状態)のままとなって凹みより逸脱し、その直後に筋肉は直立した状態(太く短い状態)となるため完全に凹みより外れてしまいます。

このような状態では腰の筋肉が神経を圧迫するため、屈めた状態にしないと激痛が走り、直立歩行が困難となります。

骨の凹み部分に格納されている筋肉が凹み部分より外れ、神経に接触するため激痛が走ります。

外れてしまった筋肉が神経に触れ、痛みを起こしてしまいます。

腰を伸ばそうとすると、腰の筋肉の両側にある神経に筋肉が押し付けられるような形となるため激痛が走り、直立しての歩行ができなくなるのです。

一般的な整体やマッサージでは、硬くなった筋肉をほぐそうとします。

しかし、ぎっくり腰などの急性の腰痛では、運動制限のために筋肉が硬くなっているので、ほぐそうとしていくらマッサージをしてみても、思ったような効果は見られません。

 

当院では、ぎっくり腰の原因が腰の筋肉が外れた状態にあるという考えから、外れている腰の筋肉を引いて正常な位置に戻します

0611-965198968

その結果、神経に触れない位置に調整し、痛みを改善します。

歩行困難で来院された方が、腰を伸ばせるようになってお帰りになります。

ぎっくり腰でお困りの際は、ぜひお問い合わせください。

(※ 腰を屈めると痛いという方はちらをご覧ください。)

 

多くの方からお喜びの声を頂いております!

 

通院の時だけでなく、日常の体の動かし方や姿勢にも参考になる

K仁井見N様 男性(50代)会社員

主訴:ぎっくり腰

(歩く際の痛み、屈むと痛い、反ると痛い、ねじると痛い)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
ぎっくり腰、その他(側弯から来る(と思われる)背中の痛み)

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット(検索キーワード:ぎっくり腰、池袋)

来院の決め手:通勤が有楽町線なので、その沿線であること。インターネットでの他の方のコメントを見て。

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
体・筋肉の構造を踏まえてアドバイスしてもらえるので、通院の時だけでなく、日常の体の動かし方や姿勢にも参考になる。

 

身体のバランスを調整して頂ける院、と紹介します

アンケートKH様 男性(30代)会社員

主訴:ぎっくり腰

(屈むと痛い、反ると痛い、ねじると痛い)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?またはどうなりたいと思っていましたか?
疲れが慢性化しており、寝ても休んだ気がしないのが悩みでした。

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット(検索キーワード:ギックリ腰 東池袋)

来院の決め手:自宅からの近さ(通院のしやすさ)。

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
身体のバランスを調整して頂ける院、と紹介します。

 

一度行くと痛みが取れていく

DSC02536YS様 男性(20代)サービス業

主訴:ぎっくり腰

(屈むと痛い)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
ぎっくり腰

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット

来院の決め手:口コミが良かったから。

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
一度行くと痛みが取れていくと紹介する。

 

ぎっくり腰になった人にはすすめられます

MK様 男性(50代)会社員

1.何がきっかけで当整体院を知りましたか?
インターネット

2.来院したきっかけはどのような症状でしたか?
腰痛

3.施術を受けて症状は改善しましたか?また施術を受けた感想はいかがですか?
ぎっくり腰になり、座るのもきつく姿勢によっては痛みも強い状況で、インターネットで調べ米川整体院に行きました。米川先生に色々とみてもらい、施術後には痛みもとれ、かがむ事ができなかった腰もかがめても問題なく、翌週にはゴルフに行き、楽しくラウンドできました。

 

4.施術の内容はいかがでしたか?
大変満足

5.施術者にどんな印象を持ちましたか?
こちらの腰の状況を親身に聞いてくれ、丁寧な施術をしていただき、信頼ができます。信頼イコール任せられるといった感じです。ぎっくり腰になった人には、すすめられます。

6.当院の施術を他の人にすすめたいですか?
すすめたい

7.ご意見、ご感想など、ご自由にお書きください。
何かのときには、お世話になりますので、よろしくお願いします。アンケートMK

立つのも苦労していたのが、帰りには苦もなく歩けた

KON様 男性(50代)会社員

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
ぎっくり腰

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット(検索キーワード:ぎっくり腰 池袋)

来院の決め手:治療を受けた人のコメント

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
立つのも苦労していたのが、当日の帰えりには苦もなく歩けた。

アンケート近藤

 

 

その他のお客様の声も見る>>

 患者様症例レポート

 

30代 男性 (会社員)

主訴:ぎっくり腰

①初診

先日来院した30代の男性は、昨日部屋の片づけをして重い物を持った途端、腰を痛めてしまったという状態で来院されました。

当日は動くことができたが、次の日に痛みが増し、動くことがつらいとのことです。

なんとか歩けるが、前屈、後屈ができず、特に身体をねじる動作、靴下をはく動作に痛みを感じるようで、とてもつらそうに見えます。

そこでまずうつ伏せになってもらい、腰の腱(筋肉)を引いて、位置を調整しました。

起き上がってもらうと、楽に起き上がれるようになり、腰が軽くなっているとのことです。

左側に身体をねじると、腰の左側が痛いということなので、もう一度うつ伏せになってもらい、腰の筋肉とふくらはぎの筋肉をマッサージ機を使いほぐしました。

起き上がってもらうと、ねじる際と後ろに反る際の痛みはなくなりました。

続けて今度は仰向けになってもらい、お腹の筋肉(大腰筋)をほぐしました。

起き上がってもらい確認すると、靴下をはく動作は、右足を上げるのは痛くないが、左足を上げるのはまだ痛いとのこと。

前屈の痛みも軽減しているが、まだ残っているようです。

しかし、日常の動作はできるようになっているということで、その日は施術を終えました。

②第2診(一週間後)

一週間後に再度来院していただき、予後の状態を確認しました。

施術翌日は痛みが残っていたため安静にしていたが、当日は痛みが初めの2割程度になっているとのこと。

しかし左足の靴下をはく動作はまだ痛みがあり、つらいそうです。

そこで仰向けになってもらい、再度お腹の筋肉(大腰筋)をほぐしました。

起き上がってもらい確認すると、左足の靴下をはく動作に痛みはなくなりました。

③第3診(一週間後)

その後腰の痛みは感じなくなったとのこと。

その日は下半身を中心に全身の調整をおこない体調を調えました。

以後、痛みが無くなった現在も再発の予防のため、月に1回定期的に来院されています。