池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

タイプ別腰痛改善法

15日放送の「ゲンキの時間」では 痛みのタイプ別の腰痛改善法が紹介されました。

自宅でも簡単にできるストレッチです。

 

タイプ1:腰を反って痛い人

1.仰向けで両膝を抱え腰を曲げる(10回)

2.無理のない範囲で腰を反らす(10回)

 

タイプ2:腰を曲げて痛い人

1.腰を反るストレッチをこまめに行う

2.膝を抱え腰を伸ばす(左右10回)

 

タイプ3:立っていて腰が痛い人

1.座ったまま脚を開き前屈で腰を伸ばす(10回)

2.左右の動きを加えるとより効果的

 

タイプ4:ひねって痛い人

1.痛くない方向にゆっくりとひねる

2. 痛みが軽減してきたら痛い方向に少しずつひねる

 

ストレッチを行うことにより、筋肉の緊張、背骨や骨盤のゆがみが解消され、腰痛が改善されます。

 

 

腰痛と脳の関係

病院でレントゲンなどの画像を撮り診断しても、腰痛の85%は原因不明だと言われています。

そしてその理由の一つが心理的なストレスにあるとのこと。

心理的ストレスが痛みを増幅させ、脳の働きが痛みにうまく対応できない時に、腰痛として感じていると考えることができるそうです。

そのため、ストレスを取り除くことができれば、痛みの慢性化や痛みを強く感じることが少なくなります。

 

そんな時におすすめなのが次のストレッチです。

1.イスに座り脚を肩幅に開き、息を吐きながら前屈(5秒)

2.頭の後ろに手を置き、息を吐きながら反る(5秒)

1日3セット計30秒行う。

 

このストレッチを行うことにより、腰を動かすことへの恐怖感、痛いと思い込んでいる先入観を解消し、腰を動かすことが大丈夫だと思えるようになります。

自宅で簡単にできるストレッチなので、時間の空いた時に気楽に取り組めると思います。

 

ストレッチで身体を整えていてもたまってしまった疲労は、定期的にメンテナンスすることが大切です。

 

池袋、東池袋で、ぎっくにお悩みの方は、ぜひお気軽にお越しください。

心よりお待ちしています