池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

座ることのリスク

12月15日(火)のバイキングにて座り方について特集されました。

本来人の体は座るようにはできておらず、座ることは体にとっては良くないというものです。

例えば、1時間座ると下半身の血流を循環させる機能が50%低下するとされています。
1時間座った姿勢を続けるごとに、寿命が22分づつ縮まるとされ、健康被害はタバコに匹敵するという恐ろしいものです。

心筋梗塞や腰痛になりやすい座り方

足を組んだ姿勢は心筋梗塞や腰痛のリスクを高めます。

太ももには大腿動脈という血管が通っていて、 足を組むことでその大腿動脈が圧迫されてしまいます。

その結果、血圧が上がり、心臓に負担をかけてしまうため、 心筋梗塞のリスクを高めてしまいます。

さらに、足を組むことで骨盤や背骨が左右に傾いてしまい、腰痛の原因となります。

足を組むことは無意識に体のバランスを整える作用でもありますが、長時間同じ側の足を組んで座ることにより体のバランスは崩れてしまいます。

1時間ごとにお尻を左右交互に持ち上げるようにするなど、意識して体勢を変えることも重要です。

 

一日中仕事でデスクワークをしていると、どうしても姿勢が悪くなり、肩こり、腰痛、お尻のしびれ、その他の症状が出てしまいます。

姿勢を正し、坐骨(お尻の骨)に体を乗せ、

一時間に一回休憩を取り、座り続けない。

これらを意識することが、健康を維持する上でとても大切です。