池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛とは、お尻から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、マヒなどの症状のことをいいます。

腰から骨盤、お尻から足の先までを通る「坐骨神経」を圧迫されることによって出る、それらの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼びます。

主な症状としては、お尻や腰に痛みやしびれが出る、長く立っていると足が痛くなってくる、歩いていると足に痛みが出て長く歩けない、横になっていてもお尻や足が痛む、などです。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因には「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などがあります。 それらは腰椎の異常によって起こると言われています。

腰の骨や軟骨、椎間板、筋肉などが変形し、坐骨神経を圧迫する事によってお尻や足に痛みやしびれが起きます。多くの場合は腰痛に続いて痛みが起き、ひどくなると歩行障害を伴うこともあります。

当院の整体では、神経を圧迫している部位をカウンセリングや検査により特定し、関節、筋肉の調整を行い、痛みを改善する施術を行っております。

池袋、東池袋で腰痛坐骨神経痛にお困りの方は、ぜひお気軽にお越しください。

心よりお待ちしています。