池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

どのような症状ですか?

一般的にお尻から足にかけて痛みやしびれが起きる症状を坐骨神経痛といいます。
先日来院した40代の男性は、ゴルフをした際に腰を痛めてしまい、その後左のお尻からももの裏にかけて痛みが起き、同じ姿勢を長く続けることができないと、日常生活にかなり不自由をきたしていました。

どのような施術方法ですか?

症状を伺うと、歩いてしばらくするとお尻から足にかけて痛みが生じ、しばらく休んでからでないと歩くことができません。仕事で長い距離を歩くため、とても困っているとのことです。
体を動かしてもらうと、左右に体を倒したり、ねじったりする動作では問題がないが、後ろに体を反らすと、左のお尻からももの裏が痛とのことです。
腰を痛めたために無意識に腰をかばい、その結果、腰の動きをカバーするためにお尻の筋肉を使いすぎてしまい、緊張し硬くなった筋肉が、神経を圧迫し痛みを起こしていると考えました。
そこで、横向きに横になってもらい、上の足の膝を曲げ、硬くなっているお尻の筋肉(梨状筋)をほぐしました。
足の曲げ伸ばしをしながら筋肉をほぐしていきます。

施術後、もう一度後ろに体を反ってもらいましたが、お尻からももの裏にかけての痛みは出なくなりました。

当院の整体では、神経を圧迫している部位を問診や触診により特定し、筋肉などの緊張をほぐすことで圧迫をなくし、痛みを改善する施術を行っております。
坐骨神経痛で整体をお探しの方は、ぜひお気軽にお越しください。
心よりお待ちしています。