池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

どのような症状ですか?

先日来院した30代の男性は、立っているだけで腰が、また前屈をするとお尻が痛くなり、後屈をすると腰の痛みが増すという状態で来院されました。

どのような施術方法ですか?

前屈で痛みが出ているのはお尻の筋肉が硬くなっているため、後屈で痛みが出ているのはお腹側の筋肉がそれぞれ硬くなっているためで、それらが腰の可動域に制限をしてしまっていると考えました。
まず初めにうつ伏せになってもらい、片足づつ股関節を開き、膝を曲げ、硬くなっているお尻の筋肉(殿筋)をほぐしました。

しばらく続けてからもう一度お尻の筋肉をさわると、痛みがほとんどなくなっているとのことです。

施術後、起き上がってもらい状態を確認すると、立っている状態では痛みはなく、前屈後屈の痛みも軽減しているとのことです。

続けて仰向けになってもらい、硬くなっているお腹側の筋肉(腸腰筋)をほぐしました。

もう一度起き上がってもらい状態を確認すると、今度は前屈後屈をしても、腰とお尻の痛みはなくなりました。

当院では、神経を圧迫している部位を問診や触診により特定し、筋肉などの緊張をほぐすことで圧迫をなくし、痛みを改善する施術を行っております。

坐骨神経痛で整体をお探しの方は、ぜひお気軽にお越しください。

心よりお待ちしています。

 

腰痛