O脚とは

O脚とは

O脚とは

O脚(内反膝)とは、足を付けた際に、脚(もも、膝、ふくらはぎ)の間にすき間がある状態をいいます。

もも、膝、ふくらはぎの全てにすき間がある状態を一般的なO脚、

もも、膝の間にはすき間がなく、ふくらはぎの間にだけすき間がある状態をXO脚(膝下O脚)と呼びます。

 

なお、膝を付けた際に、足が付かない状態をX脚(外反膝)と呼びます。

O脚推移

通常、乳児の膝はO脚の(ような)状態で、

2歳から6歳にかけてはX脚傾向になります。

その後筋肉や骨が成長し、

小学校に入学する時期くらい(7歳くらい)までに、脚はまっすぐな状態になります。

 

【出典:プロメテウス解剖学アトラス】

O脚になると

O脚イラスト

O脚になると、外見のお悩みだけでなく、痛みやこりなどを引き起こす原因にもなります。

まず外見上のお悩みとして、

  • ガニ股のように見える
  • 脚が太く見える
  • 膝の外側が目立つ
  • 実際の年齢よりも上に見える

などがあります。

O脚膝痛

そしてO脚を放置していると、将来的に変形性膝関節症の原因にもなり、

  • 変形性膝関節症による膝の痛み
  • 姿勢の悪さから来る肩こり、首こり、腰痛

など、痛みやこりの原因にもなります。

O脚が改善すると

O脚改善

O脚が改善すると、これらのお悩みが解消されるため、

  • 脚が細く、長く、キレイに見えるようになる
  • 姿勢が良くなり、印象も良くなる
  • 肩こり、首こり、腰痛の解消や、膝の痛みの予防

などが期待できます。

 

O脚矯正のページもぜひご覧ください。

米川整体院

〒170-0013東京都豊島区東池袋4-3-15-1F