歩行時の腰の痛みの施術

どのような症状ですか?

先日来院した30代の男性は、一ヶ月ほど前から腰が痛くなり、特に朝起きた時と歩いている時に腰にひびくような痛みがあり、子供をだっこすることもできないという状態で来院されました。

 

どのような施術方法ですか?

前屈をすることが辛いということから、お腹側の筋肉が硬くなってしまい痛みが出ていると考えました。

しかし状態を確認しても、痛みが再現しません。

 

そこで膝を伸ばして足を上げると痛いということから、お尻の筋肉が硬くなってしまい、それが腰の可動域に制限をしてしまっていると考えました。

そこで、うつ伏せになってもらい、硬くなっているお尻の筋肉(殿筋)をほぐしました。

 

初めはとても痛がっていましたが、少しづつ痛みが和らぎ、痛気持ちいい、気持ちいい、と徐々に変化していきました。

さわっても痛みがなくなったので、前屈をしてもらい状態を確認すると、腰の痛みなくできるようになりました。

起き上がりと足踏みをして状態を確認しても痛みを感じなくなったので、施術を終えました。

 

当院では、痛みのある箇所、痛みの出る動作などを伺うことで、原因を探り、筋肉、関節の調整を行い、痛みを改善する施術を行っております。

 

池袋、東池袋で腰痛、坐骨神経痛にお困りの方は、ぜひお気軽にお越しください。

心よりお待ちしています。

米川整体院

〒170-0013東京都豊島区東池袋4-3-15-1F