池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

坐骨神経痛とは

次のような症状に覚えはありませんか?

    • 腰から足にかけて痛い
    • お尻に痛みやしびれを感じる
    • ももの後ろ側がしびれる
    • 長く立っていると足が痛くなってくる
    • 足に痛みが出て長く歩けない
    • よくつまづく
    • 座っていても痛い
    • 横になっていてもつらい

 

 
坐骨神経痛とは、臀部から足の後ろ側にかけてあらわれる痛みやしびれ、マヒなどの症状のことをいいます。

腰から骨盤、臀部から足の先までを通る「坐骨神経」を圧迫されることによって出る、それらの症状を総称して「坐骨神経痛」と呼びます。

主な症状としては、臀部や腰に痛みやしびれが出る、長く立っていると足が痛くなってくる、歩いていると足に痛みが出て長く歩けない、横になっていても臀部や足が痛む、などです。

坐骨神経痛の原因と改善法

 

一般的な原因と改善法

坐骨神経痛の起きる原因となるものとして、一般的に次のようなものが考えられています。

  • 腰部椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 変形性腰椎症
  • 腰椎分離症、すべり症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 椎間関節の捻挫
  • 仙腸関節の捻挫
  • 梨状筋症候群

腰の骨や軟骨、椎間板、筋肉などが変形し、坐骨神経を圧迫する事によって臀部や足に痛みやしびれが起きます。多くの場合は腰痛に続いて痛みが起き、ひどくなると歩行障害を伴うこともあります。

 

坐骨神経痛が起きた場合、一般的には整形外科へ行かれることが多いと思います。
そして、そこでレントゲンやMRI撮影などをして、腰の骨や椎間板の状態を調べます。
しかし骨や椎間板を調べても、骨折やヘルニアなどの異常が見つからず、異常なしと診断されることが多くあります。
痛み止めの注射をされ病院を後にする、なんて経験をされた方もいるのではないでしょうか。
しかし、それではただ痛みをごまかしているにすぎず、本当の坐骨神経痛の改善には至っていません。


 

米川整体院の考える原因と改善法

①体のゆがみ

ゆがみAC当院では、坐骨神経痛は体のバランスの崩れによって起こされる結果だと考えています。

病院でレントゲンやMRIを撮って調べてみても、調べるのは腰だけです。
そのため、体のバランスが崩れ痛みを感じていても、腰には異常がないため原因不明とされてしまいます。

しかし実際には、坐骨神経痛の原因は体のバランスの崩れにあります。
そして大切なことは、腰だけでなく、体全体のバランスを見ることだと考えます。

当院では、坐骨神経痛の原因は体のバランスの崩れにあるという考えから、体の歪みを取り除きバランスを整えます。

その結果、腰にかかる負担は和らぎ、痛みは自然に改善します。

 

なお、施術はボキボキならす矯正ではなく、優しく揺らすだけのものです。どうぞ安心してお任せください。

746ebcec6525888d8b60b65aa577ec13_s

 

②筋肉の緊張

当院では、坐骨神経痛の原因の多くが筋肉の緊張にあると考えています。

病院でレントゲンを撮って調べてみても、レントゲンに写るのは骨だけです。
そのため、筋肉に異常があり坐骨神経痛を感じていても、レントゲンには筋肉が写らないため、原因不明とされてしまいます。

しかし実際には、痛みの原因の多くが筋肉にあります。
そしてその筋肉が、腰だけでなく、臀部や腹部の筋肉にもあると考えます。

例:小殿筋のトリガーポイント(痛みの引き金となる場所)
小殿筋筋肉の×印の部分が緊張し硬くなる⇒赤くなっている部位(臀部、足の後ろ、外側)に痛みが出る

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

全身の筋肉は全てが複合的につながっています。

つながった筋肉はそれぞれ支え合い、体にかかる負担を和らげています。
しかし、一方の機能が弱まると、残りにしわ寄せが来てしまいます。

腰の筋肉が硬くなり、動きが制限されてしまっても、臀部や腹部の筋肉に余裕があれば、動きをカバーすることが可能です。
しかし、そこで臀部や腹部の筋肉が硬くなり余裕がなくなってしまうと、腰の動きが制限され痛みが生じます。

当院では、痛みの原因が必ずしも痛い部分にあるとは限らないという考えから、問診や触診、検査で痛みの本当の原因を判断します。

症状や痛みの出る動作を確認し、症状に合わせ、坐骨神経痛に対して腰だけでなく臀部や腹部の筋肉も施術いたします。

その結果、腰の負担を和らげ、動きの制限をなくし、痛みを改善します。

多くの方から喜びの声を頂いております!

 

先ずは始めてみて下さい

IMG_20180813_1335001.当院に来る前、どんなことで、いつ頃からお悩みでしたか?つらかったことなどあればお聞かせください。
60歳(6年くらい前から)特に、歩くと腰痛を感じた。友人・家族に症状を話すと、坐骨神経痛のようだと言われた。実際に病院等で診てもらった訳ではないが、書物から梨状筋症候群ではないかと見当を付けた。マッサージで筋肉を解してもらいながら、様子を見ていた。

やはり、同時期から手の痺れに悩まされた。ものを触る際に感じる違和感はどうにか我慢できても、睡眠中の両腕の筋肉が痛くて目が覚めてしまう症状に我慢できず、整形外科に診てもらった。脊柱管狭窄症という病名を知らされ、手術は勧めないが、特に手当は無いと言われた。マッサージを勧められ、マッサージに通い、症状は幾分軽くなった。

上記2点の解決を目的にお邪魔しました。

2.当院に通われて良かったことはどんなことですか?
上記2点の症状(坐骨神経痛、手の痺れ)は、かなり軽減されました。実感するから通っています。実感できるパートナーは大切にすべきでしょう。

3.同じお悩みをお持ちの方に、メッセージをお願いします。
先ずは始めてみて下さい。症状が軽減する実感が無い場合は、止めれば良いこと。実感できるか否かは、始めてみなければ分からない。年齢と共に発症する症状は、「治したいもしくは、治すぞ」位の気持ちでトライアルすべきでしょう。

YS様 男性(60代)

 

すぐに効果が感じられた

stST様 女性(30代)飲食業

主訴:坐骨神経痛

(立っていられない、座っていてもつらい)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
腰痛、坐骨神経痛

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット(検索キーワード:東池袋 整体)

来院の決め手:近所だったこと 土日にやっていたこと 動けなかったので、出張で来ていただけたこと

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
すぐに効果が感じられたので、一度ためしてみたら、と

 

体が軽くなる

小澤様 女性(30代)ケアワーカー

主訴:坐骨神経痛

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
坐骨神経痛

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
看板

来院の決め手:家から近い

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
マッサージを受けると体が軽くなる。

その他のお客様の声も見る>>

 患者様症例レポート

 

50代 女性 (会社員)

主訴:坐骨神経痛

①初診

先日来院した50代の女性は、一週間程前から左のお尻からふくらはぎにかけて痛み、しびれを感じるという状態で来院されました。病院では、ヘルニアの疑いあり。手術をする程ではない。と診断されたそうです。

症状を伺うと、座っていると一時間程度でつらくなる、歩くのは平気だが、電車などでじっと立っていると15分程度でつらくなるとのことです。

まず仰向けになってもらい、足を上げ痛みが強くなるかテストしました。右足は上まで上がるのですが、左足を上げると途中でお尻の痛みが強くなります。

今度は足の筋肉をおさえたまま左足を上げてみました。すると先ほどより上まで上げても痛みが楽になっています。
そこで、横向きになってもらい、硬くなっている足の筋肉をほぐしました。

施術後、もう一度仰向けで左足を上げましたが、お尻の痛みは出なくなりました。

 

②第2診(十日後)

十日後に再度来院していただき、予後の状態を確認しました。

前回の施術の後一週間痛みがなかったが、三日前によろけて踏ん張った際に痛みが再発してしまったとのこと。

前回と同様に仰向けになってもらい、足を上げ痛みが強くなるかテストしました。やはり左足を上げると途中でお尻の痛みが強くなります。

しかし今回は前回とは違い、足の筋肉をおさえたまま左足を上げてみても痛みに変化がありません。

そこでイスに座ってもらい、骨盤を調整ました。

施術後、もう一度仰向けで左足を上げましたが、お尻の痛みは出なくなりました。

 

③第3診(一週間後)

その後痛みは感じなくなったとのこと。

その日は下半身を中心に全身のマッサージを行いました。

以後、痛みが無くなった現在も再発の予防のため、月に1回定期的に来院されています。

40代 男性 (会社員)

主訴:坐骨神経痛

①初診

先日来院した40代の男性は、ゴルフをした際に腰を痛めてしまい、その後左のお尻からももの裏にかけて痛みが起き、同じ姿勢を長く続けることができないと、日常生活にかなり不自由をきたしていました。

症状を伺うと、歩いてしばらくするとお尻から足にかけて痛みが生じ、しばらく休んでからでないと歩くことができません。仕事で長い距離を歩くため、とても困っているとのことです。
体を動かしてもらうと、左右に体を倒したり、ねじったりする動作では問題がないが、後ろに体を反らすと、左のお尻からももの裏が痛とのことです。
腰を痛めたために無意識に腰をかばい、その結果、お尻の筋肉が緊張し硬くなり痛みを起こしていると考えました。
そこで、うつ伏せになってもらい、硬くなっているお尻の筋肉(梨状筋)をほぐしました。

施術後、もう一度後ろに体を反ってもらいましたが、お尻からももの裏にかけての痛みは出なくなりました。

 

②第2診(一週間後)

一週間後に再度来院していただき、予後の状態を確認しました。

前回の施術の後一週間出張で歩きっぱなしだったため、全身がつらく痛みも再発しているとのこと。

同じように後ろに体を反らすと、左のお尻からももの裏が痛むとのことです

そこでうつ伏せになってもらい、再度お尻の筋肉をほぐしました。

起き上がってもらい確認すると、体を反らせても痛みはなくなりました。

③第3診(一週間後)

その後痛みは感じなくなったとのこと。

その日は下半身を中心に全身の調整をおこない体調を調えました。

以後、痛みが無くなった現在も再発の予防のため、月に1回定期的に来院されています。