池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

腰痛とは

次のような症状に覚えはありませんか?

  • デスクワークで、長く座り続けると痛くなる
  • 長時間立ちっぱなしでいると痛くなる
  • 痛くて歩くことがつらい
  • イスから立ち上がろうとすると痛い
  • 運動をするとしばらく痛みが続く
  • 車の運転をしていると痛くなる
  • 靴下やズボンがはけない
  • 同じ姿勢を続けていると痛む
  • 仰向けに横になると腰が浮く
  • 朝起きた時から痛い

 

腰痛の原因と改善法

 

一般的な原因と改善法

腰痛の起きる原因となるものとして、一般的に次のようなものが考えられています。

  • 筋肉の緊張、筋筋膜性腰痛、筋挫傷
  • 骨格のゆがみ、変形性腰椎症、仙腸関節炎
  • 腰部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症
  • 坐骨神経痛、梨状筋症候群
  • 内科的疾患、腎臓疾患、消火器疾患
  • 婦人科疾患、泌尿器疾患
  • 精神的ストレス
  • 骨粗鬆症による腰椎圧迫骨折

腰痛腰痛が起きた場合、一般的には整形外科へ行かれることが多いと思います。
そして、そこでレントゲン撮影などをして、腰の骨の状態を調べます。
しかし骨や椎間板を調べても、骨折やヘルニアなどの異常が見つからず、異常なしと診断されることが多くあります。
実際、腰痛の方の8割は「原因不明」であるとされています。
湿布などを渡され病院を後にする、なんて経験をされた方もいるのではないでしょうか。
しかし、それではただ痛みをごまかしているにすぎず、本当の腰痛の改善には至っていません。

 

米川整体院の考える原因と改善法

①体のゆがみ

ゆがみAC当院では、腰の痛みは体のバランスの崩れによって起こされる結果だと考えています。

病院でレントゲンを撮って調べてみても、調べるのは腰だけです。
そのため、体のバランスが崩れ痛みを感じていても、腰には異常がないため原因不明とされてしまいます。

しかし実際には、腰の痛みの原因は体のバランスの崩れにあります。
そして大切なことは、腰だけでなく、体全体のバランスを見ることだと考えます。

当院では、腰の痛みの原因は体のバランスの崩れにあるという考えから、体の歪みを取り除きバランスを整えます。

その結果、腰にかかる負担は和らぎ、痛みは自然に改善します。

 

なお、施術はボキボキならす矯正ではなく、優しく揺らすだけのものです。どうぞ安心してお任せください。

746ebcec6525888d8b60b65aa577ec13_s

 

②筋肉の緊張

当院では、腰の痛みの原因の多くが筋肉の緊張にあると考えています。

病院でレントゲンを撮って調べてみても、レントゲンに写るのは骨だけです。
そのため、筋肉に異常があり腰に痛みを感じていても、レントゲンには筋肉が写らないため、原因不明とされてしまいます。

しかし実際には、痛みの原因の多くが筋肉にあります。
そしてその筋肉が、腰だけでなく、腹部や臀部の筋肉にもあると考えます。

大腰筋

例:腸腰筋のトリガーポイント(痛みの引き金となる場所)
筋肉の×印の部分が緊張し硬くなる⇒赤くなっている部位(腰、足の前側)に痛みが出る
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

 

 

中殿筋例:中殿筋のトリガーポイント(痛みの引き金となる場所)
筋肉の×印の部分が緊張し硬くなる⇒赤くなっている部位(腰の下部、真ん中、左右片側)に痛みが出る
【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

 

全身の筋肉は全てが複合的につながっています。

つながった筋肉はそれぞれ支え合い、体にかかる負担を和らげています。
しかし、一方の機能が弱まると、残りにしわ寄せが来てしまいます。

腰の筋肉が硬くなり、動きが制限されてしまっても、腹部や臀部の筋肉に余裕があれば、動きをカバーすることが可能です。
しかし、そこで腹部や臀部の筋肉が硬くなり余裕がなくなってしまうと、腰の動きが制限され痛みが生じます。

特に最近は腹筋(腸腰筋)を痛める傾向が強いため、腹筋の調整をし、筋肉をしっかり働かせられる状態に戻します。

 

腹筋を痛め働きが弱くなってしまうと、骨盤や背骨を支える機能が弱まり、体幹が不安定になってしまい、腰を動かす際に痛みを感じてしまいます。

腰を屈める際に痛みを感じる(荷物を持ち上げる際に痛い、顔を洗う際に痛い、靴下やズボンを履く際に痛い、寝返りが痛い、くしゃみをすると痛い等)場合には、特に腹筋を痛めている可能性が高いと思われます。

当院では、痛みの原因が必ずしも痛い部分にあるとは限らないという考えから、問診や触診、検査で痛みの本当の原因を判断します。

症状や痛みの出る部位、動作を確認し、症状に合わせ、腰の痛みに対して腰だけでなく腹部や臀部の筋肉も施術いたします。

働きが弱まり痛みの原因となっている筋肉をしっかり働けるように調整(マッサージだけでなく、患者様自身が筋肉を動かす簡単なトレーニングを行います)し、体幹を安定させることにより腰の負担を和らげ、動きの制限をなくし、痛みを改善します。

 *腸腰筋

腸腰筋が緊張しやすい患者は腰椎の前弯増強が強く、一部の患者では腰椎の階段状変形などの所見がある。激しいスポーツをしている若者の腰痛患者や、お腹の出っ張った樽状体型の患者などで、緊張がよくみられる。

なお、腸腰筋の痛みは脊柱の傍らに出現するため脊柱起立筋の痛みと勘違いされやすいが、洗顔時のように股関節屈曲位で痛みが出現する場合は、腸腰筋が痛みの原因である可能性が高い。

腸腰筋を疑うポイント

・腰椎の前弯増強がみられる

・腰椎の階段状変形がみられる

・ビール樽状の体型である

・スポーツ選手で腰痛がある

その他のチェックポイント

・腹部(特に側腹部)が痛いことがある(ただし、患者は腰痛とは関係がないと勘違いし、そういわないことが多い)。

・腸腰筋が過緊張を起こすと側腹部に激痛を生じるため、虫垂炎と勘違いされることがある。

患者に特徴的な所見

イスに浅めにかけ、踏ん反り返るように座る。

所見の解説

腸腰筋に障害がみられる患者は、腸腰筋を自然に伸ばすような姿勢をとる。特に腸腰筋は股関節を屈曲させる筋肉であるため、待合室で座っているときや車の運転の際には、股関節を伸展するように浅く腰かける患者が多い。

腸腰筋に関するその他のトピックス

・腸腰筋の筋肉量が少ない程、肥満や認知症になりやすいとの報告もあり、腰痛の治療だけでなくそれらの予防部位としても期待されている。

・腸腰筋の起始部の一部は横隔膜から起こっているため、慢性的な呼吸器疾患の患者は吸気のために腸腰筋を角に使用していることから、この筋肉が緊張していることがある。

【『はじめてのトリガーポイント鍼治療』 より引用 】

効果の出ている症状

前にかがむ際の痛み、後ろに反る際の痛み、ねじる際の痛み、

顔を洗う際、髪を洗う際の痛み、靴下・ズボンを履く際の痛み、

仰向けから起き上がる際の痛み、寝返り時の痛み、

イスに座る際に痛い、イスから立ち上がる際に痛い、

長く座っていられない、運転をしていると痛くなる、

笑うと痛い、くしゃみが痛い、セキが痛い、

体が横にくの字に曲がっている、

等々

 

多くの方から喜びの声を頂いております!

 

痛みが楽になり、痛みの起こる原因を丁寧に説明してもらえる

佐藤JS様 女性(40代)主婦

主訴:腰痛

(歩き始めの痛み、座っていると痛くなる、屈むと痛い、反ると痛い、ねじると痛い、)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
腰痛

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット(検索キーワード:腰痛、ぎっくり腰)

来院の決め手:近場だったので

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
痛みが楽になる事と、痛みの起こる原因を丁寧に説明してもらえるので、、、とすすめます。

 

腰痛、背中のはりが大変楽になった。

腰痛、背中のはりが大変楽になった男性TK様 男性(49歳)税理士

主訴:腰痛

1.何がきっかけで当整体院を知りましたか?
紹介

2.来院したきっかけはどのような症状でしたか?
腰痛、背中のはり

3.施術を受けて症状は改善しましたか?また施術を受けた感想はいかがですか?
大変楽になった。足の施術がクセになった。

4.施術の内容はいかがでしたか?
大変満足

5.施術者にどんな印象を持ちましたか?

とてもていねいに施術していただいた。

6.当院の施術を他の人にすすめたいですか?
すすめたい

7.ご意見、ご感想など、ご自由にお書きください。
とても良い!
  

患部のみならず、痛みが出る原因の場所も治療してくれました。

アンケートたっくん様 男性(30代)会社員

主訴:腰痛

(歩く際の痛み、起き上がる際の痛み、子供をだっこする際の痛み、屈むと痛い)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?またはどうなりたいと思っていましたか?
1ヶ月前から腰痛になり、歩くと腰にひびいたり、寝起き時に痛む状態でした。

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
紹介

来院の決め手:痛みの根本から治療を行ってくれるところだと聞いたので。

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
患部(腰)のみならず、そこに痛みが出る原因の場所も見つけて治療してくれました。お陰で痛みが緩和しました、ぜひ紹介したいと思います。

 

アフターケア(家でもできる事)をおしえてくれる

若月TW様 男性(30代)会社員

主訴:腰痛

(座っていると痛くなる、反ると痛い)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
腰痛、首痛

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット(検索キーワード:池袋 尻上 痛)

来院の決め手:会社の近く(仕事帰りに行ける)、アフターケア(家でもできる事)をおしえてくれる

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
痛みの原因を本等を使っておしえてくれる。その時その時で痛い所を施術してくれるから楽になる。

 

もみ返しがなく良い

内山EN様 女性(30代)士業

主訴:腰痛

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
腰痛

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
看板、インターネット(検索キーワード:東池袋 整体)

来院の決め手:近い

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
もみ返しがなく、痛すぎないマッサージで良い

 

その他のお客様の声も見る>>

患者様症例レポート

 

40代 女性 (主婦)

主訴:腰痛

(屈むと痛い、反ると痛い、ねじると痛い)

①初診

先日来院した40代の女性は、数日前から腰の右側に痛みがあり、立ち上がった際に左右両方痛くなってしまったという状態で来院されました。

座って姿勢を伸ばせば痛みがないが、寄りかかるのがつらく、立ち上がるとしばらく痛みが続くようです。

 

まず仰向けになってもらい、股関節の稼動域を確認しました。

右の股関節を動かすと右の腰が痛みます。こういった場合はお腹の筋肉が硬くなっていることが多いのですが、さわってみても痛みはありません。

左の股関節を動かすと、こちらも右の腰が痛みます。しかし左もお腹の筋肉には痛みがありません。

そこで足に力を入れてもらうと、特に左足に力を入れた時に右の腰の痛みが強くなります。

 

次にうつ伏せになってもらい、再度股関節の稼動域を確認しました。

左の股関節を動かすと右の腰が痛みますが、臀部をおさえると痛みがなくなります。

左側の臀部の筋肉が右の腰の痛みの原因になっていると考え、硬くなっている臀部の筋肉をほぐしました。

施術後、起き上がってもらい状態を確認すると、ソファに寄りかかっても問題なく、立ち上がってすぐ動けるようになりました。

 

②第2診(三日後)

三日後に再度来院していただき、予後の状態を確認しました。

施術翌日の朝まで痛みは感じなかったが、仕事で長く座っていると腰の痛みが出てくるとのこと。

そのため再度臀部を中心に筋肉をほぐしました。

③第3診(一週間後)

その後仕事が続くと腰は気になるが、日常生活で痛みは感じなくなったとのこと。

その日は下半身を中心に全身の調整をおこない体調を調えました。

 

 

 

20代 男性 (ミュージシャン)

主訴:腰痛

(屈むと痛い、座った状態で足を上げる際の痛み)

①初診

先日来院した20代の男性は、前にかがもうとすると腰から右のお尻にかけて痛くなり、前屈ができないという状態で来院されました。

前屈をして腰に痛みが出ているのはお腹側の筋肉が硬くなってしまい、それが腰の可動域に制限をしてしまっていると考えました。

そこで仰向けになってもらい、硬くなっているお腹側の筋肉(腸腰筋)をほぐしました。

施術後、起き上がってもらい状態を確認すると、前屈をした時の腰の痛みは改善し、痛みはほとんどなくなりました。

 

②第2診(一週間後)

一週間後に再度来院していただき、予後の状態を確認しました。

お尻の痛みはなくなったが、腰は3割ほど痛みが戻っていて、前屈と仰向けの状態から起き上がる時が痛いとのこと。

そのため再度お腹の筋肉をほぐしました。

③第3診(一週間後)

その後腰の痛みは感じなくなったとのこと。

その日は下半身を中心に全身の調整をおこない体調を調えました。

以後、痛みが無くなった現在も再発の予防のため、月に1回定期的に来院されています。