池袋の整体とマッサージなら「米川整体院」へ【肩・腰・膝の痛み対応】

膝の痛みとは

次のような症状に覚えはありませんか?

  • 歩く時に痛みで足を引きずってしまう
  • 階段の昇り降りがつらい
  • 膝が伸びない、曲がらない
  • 歩行時の着地の際に痛い
  • 膝折れが起こる
  • 立っているだけで痛い
  • 仰向けで足を伸ばして寝れない
  • 正座ができない

 

膝痛の原因と改善法

 

一般的な原因と改善法

膝痛の起きる原因となるものとして、一般的に次のようなものが考えられています。

  • 変形性膝関節症、O脚、X脚
  • 半月板損傷
  • 十字靭帯損傷、側副靭帯損傷
  • 鵞足炎、腸脛靭帯炎、膝蓋靭帯炎
  • 運動不足による筋肉の衰え
  • 太りすぎ
  • 骨折、脱臼
  • オスグッド病、ベーカー膿腫

膝が痛い膝痛が起きた場合、一般的には整形外科へ行かれることが多いと思います。
そして、そこでレントゲン撮影などをして、膝関節の状態を調べます。
しかし骨や半月板を調べても、骨折や半月板損傷などの異常が見つからず、異常なしと診断されることが多くあります

ヒアルロン酸を注射し、湿布などを渡され病院を後にする、なんて経験をされた方もいるのではないでしょうか。
しかし、それではただ痛みをごまかしているにすぎず、本当の膝痛の改善には至っていません。

 

米川整体院の考える原因と改善法

①体のゆがみ

ゆがみAC当院では、膝の痛みは体のバランスの崩れによって起こされる結果だと考えています。

病院でレントゲンを撮って調べてみても、調べるのは膝だけです。
そのため、体のバランスが崩れ痛みを感じていても、膝には異常がないため原因不明とされてしまいます。

しかし実際には、膝の痛みの原因は体のバランスの崩れにあります。
そして大切なことは、膝だけでなく、体全体のバランスを見ることだと考えます。

当院では、膝の痛みの原因は体のバランスの崩れにあるという考えから、体の歪みを取り除きバランスを整えます。

その結果、膝にかかる負担は和らぎ、痛みは自然に改善します。

 

なお、施術はボキボキならす矯正ではなく、優しく揺らすだけのものです。どうぞ安心してお任せください。

746ebcec6525888d8b60b65aa577ec13_s

 

②筋肉の緊張

当院では、膝の痛みの原因の多くが筋肉の緊張にあると考えています。

病院でレントゲンを撮って調べてみても、レントゲンに写るのは骨だけです。
そのため、筋肉に異常があり膝に痛みを感じていても、レントゲンには筋肉が写らないため、原因不明とされてしまいます。

しかし実際には、痛みの原因の多くが筋肉にあります。
そしてその筋肉が、膝だけでなく、ももやふくらはぎの筋肉にもあると考えます。

 

ハム

例:ハムストリングスのトリガーポイント(痛みの引き金となる場所)
筋肉の×印の部分が緊張し硬くなる⇒赤くなっている部位(膝裏と足の付け根)に痛みが出る

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』より引用】

 

 

 

四頭筋例:大腿四頭筋のトリガーポイント(痛みの引き金となる場所)
筋肉の×印の部分が緊張し硬くなる⇒赤くなっている部位(膝の前側、皿周辺)に痛みが出る

【イラスト図出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』より引用】

 

 

 

全身の筋肉は全てが複合的につながっています。

 つながった筋肉はそれぞれ支え合い、体にかかる負担を和らげています。
しかし、一方の機能が弱まると、残りにしわ寄せが来てしまいます。

膝の筋肉が硬くなり、動きが制限されてしまっても、ももやふくらはぎの筋肉に余裕があれば、動きをカバーすることが可能です。
しかし 、そこでももやふくらはぎの筋肉が硬くなり余裕がなくなってしまうと、膝の動きが制限され痛みが生じます。

 

当院では、痛みの原因が必ずしも痛い部分にあるとは限らないという考えから、問診や触診、検査で痛みの本当の原因を判断します。

症状や痛みの出る部位、動作を確認し、症状に合わせ、膝の痛みに対して膝だけでなくももやふくらはぎの筋肉も施術いたします。

(前側、後ろ側、内側、外側のどこが痛むかによって、原因は異なります。)

その結果、膝の負担を和らげ、動きの制限をなくし、痛みを改善します。

効果の出ている症状

歩く際の痛み、階段の上り下りの痛み

膝の曲げ伸ばしの痛み、

立ち上がる際の痛み、しゃがむ際の痛み

片足立ちでズボンをはく際の痛み、寝返り時の痛み、

等々

 

多くの方からお喜びの声を頂いております!

 

痛みの原因を探して痛みを取ってくれる

S様 女性(40代)アンケート杉山

主訴:膝痛

(曲げる際の痛み)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
膝痛

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット

来院の決め手:近所だったので通いやすいと思いました。

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
痛みの原因を探して、痛みを取ってくれる。

 

痛みの内容をよく聞いてくれる

MA様 女性(70代)主婦坂本

主訴:膝痛

(歩く際の痛み)

1.当院を知る前、どんなことで悩んでいましたか?
 肩痛、腰痛、膝痛

2.当院のことを何で知りましたか?また当院を選ばれた決め手となったことは何ですか?
インターネット

来院の決め手:家族のすすめ

3.もし当院をご友人に紹介いただけるとしたら、何と言って紹介いただけますか?
痛みの内容をよく聞いてくれる事

 

その他のお客様の声も見る>>

患者様症例レポート

 

40代 男性 (会社員)

主訴:膝痛

①初診

先日来院した40代の男性は、ランニングをしていると右膝の外側が痛くなるという状態で来院されました。病院では腸脛靭帯炎と診断されたそうです。

症状を伺うと、膝の曲げ伸ばしで痛みを感じます。

まず仰向けになってもらい、痛む場所を確認しました。お皿の外側を、膝を伸ばした状態で押すと平気ですが、曲げた状態で押すと痛みます

続けて膝関節、足首の状態を確認すると、すねの筋肉が緊張で硬くなっています。そこでまず硬くなっているすねの筋肉をほぐしました。

次にうつ伏せになってもらい、臀部の状態を確認し、硬くなっている筋肉をほぐしました。

すねや臀部の筋肉をほぐすのは、これらが硬くなる事によって膝の痛みが出ていると考えたからです。

施術後状態を確認すると、膝の曲げ伸ばしの痛みは感じなくなりました。

②第2診(一週間後)

一週間後に再度来院していただき、予後の状態を確認しました。

膝の曲げ伸ばしの痛みは感じなくなったが、走っていると外側の痛みが少し残るとのこと。

そのため再度臀部、そしてももの筋肉をほぐしました。

③第3診(一週間後)

その後膝の痛みは感じなくなったとのこと。

その日は下半身を中心に全身の調整をおこない体調を調えました。

 

 

 

50代 男性 (会社員)

主訴:膝痛

①初診

先日来院した50代の男性は、左膝に違和感を感じ、曲げると膝が痛いという状態で来院されました。

膝を曲げると膝の裏側が痛むことから、ももの後ろ側とふくらはぎの筋肉が硬くなってしまい、それが膝に痛みを与えてしまっていると考えました。

そこで、うつ伏せになってもらい、ももとふくらはぎの筋肉そして臀部の筋肉をほぐしました。

臀部の筋肉をほぐすのは、臀部の筋肉が硬くなる事によって股関節が硬くなり、足の筋肉のバランスが悪くなっていると考えたからです。

臀部の筋肉をほぐす事により、臀部、股関節、足の筋肉がほぐれます。

施術後、起き上がってもらい、膝を曲げて痛みが出るか確認すると、痛みを感じなくなりましたので、施術を終えました。

②第2診(一週間後)

一週間後に再度来院していただき、予後の状態を確認しました。

施術後3日間は痛みなく過ごせたが、4日目から朝方に痛みを感じるとのこと。

そのため再度臀部の筋肉をほぐしました。

③第3診(一週間後)

その後膝の痛みは感じなくなったとのこと。

その日は下半身を中心に全身の調整をおこない体調を調えました。

以後、痛みが無くなった現在も再発の予防のため、月に1回定期的に来院されています。